氷瀑迫る「難所が滝」
2012.01.29 Sunday 19:44
 1月29日
今年も「難所が滝(宝満山系)」の大氷柱を観にいきました。

去年の「難所が滝」が余りにもすばらしかったので、
今年は友人と息子さん、それに美女二人を連れ立っての山行です。

8:40頃に昭和の森に着くと、どの駐車場も車満杯です。
(4・5日前の新聞・ニュースの影響に違いない。
 駐車場を通リ過ぎて林道脇に止めることができました)

9:00昭和の森より「難所が滝」へ向け、河原谷コースを歩く。




心地よい風を頬に受けながら木立の中を歩き始める。
(登山者は非常に多いが、この暖かさで大氷柱は解けていないだろうか・・?心配)

一時間程歩いても、雪もなければ谷川も凍ってもいない。(半分は諦めムード)

突然右手上に「小つらら」が目に飛び込んできた。









去年来た時は、この氷柱には気づかづに通り過ぎていた。

10分も歩くと、目的の「難所が滝」も見事に凍っていた。









身動き出来ないほどの人ごみを通リ抜け、やっとこの写真が撮れました。


大氷柱をバックに満足の笑顔!(一人はやや疲れ気味?)

しばし大自然の造形美に見とれて、三郡山をめざす。


重走路手前で、枯れ木にピンクのかわいいキノコ発見。

12時過ぎに三郡山に着き、ようやく待望の昼食(山で食べるおにぎりはいつも最高!)
(食べるのに夢中で写真撮り忘れ)
O氏の沸かしてくれたコーヒーも最高!(いつも、ありがとう)


三郡山から砥石山の方へ40分ほど行く。(すべりながらの下り道。用心用心・・)

昭和の森への分岐点を左に下り、ツキ谷コースを下りる。

林道に出て歩いていると赤い実の付いた木を発見。

何の木だろう?(名前のわかる方教えてください)

2:20駐車所に無事に着く。
     4〜5時間の楽しい山行でした。
                 お疲れさま〜。
| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM