ついに達成!大崩山登山
2012.05.08 Tuesday 00:48

 5月6日 AM3:00友人と2人で大崩山目指し自宅発つ。

米良ICで降り、途中コンビニで食料を調達し、
AM6:00祝子川温泉(美人の湯)に着き、駐車場にて朝食を摂る。

上祝子登山口に着くと、すでに道路脇には、駐車でいっぱい。
祝子橋の先に駐車して準備OK .

登山届を書き、6:50いざ出発!
(これまでの登山は今日の日の為のもの・・?。ちょっとオーバー)


まずは、大崩山荘をめざす。すぐに鉄柱の梯子。





























大崩山荘に着く。


河原に降りて、帰りに対岸より渡ってくる時の水位確認をして三里河原方へ急ぐ。

最初のロープ場。通過して写す。(写真で見るよりも不安はない)



湧塚コースへ行き、まず祝子川を渡る。新しいしっかりとした鉄製の橋。
(4月中旬に地元山岳会の方々がボランティアで作られたそうです)

だんだんと厳しさが増してくる。岩の間を通過。






























袖ダキへ向う。まずはロープ。



9:10 パーッと視界が開ける。袖ダキに着く。

最初の感動!後ろはこれから行く下湧塚。
恐る恐る下を覗き込む。垂直に落ち込む絶壁。


袖ダキより対岸の峰を観る。すばらしい絶景!


9:20 ようやく天空の花「アケボノツツジ」と出会う。また感動!



ミツバツツジも美しさでは負けてはいない。


花を堪能しながら、下湧塚への三段梯子を登る。


9:45 下湧塚に着く。先端には行かず。(ここから見てるだけで十分・・・)



かすかに、一昨年前に登った傾山が見える。

つぎは中湧塚へ向う。連れの右側は絶壁である。(少しなれてきた?)





























10:00 中湧塚より上湧塚を見る。


緊張し、疲れてきた身体をアケボノツツジが癒してくれる。


上湧塚。人が込み合っていたので先を急ぐ。(初心者は困難との情報もあったので・・)



10:55 山頂を目指すか、りんどうの丘を通って近回りをするか、昼食を摂りながら思案する。


昼食を摂ったらまた元気が出て、山頂を目指す。

山頂からまたこの分岐点に戻ってきて、帰りは坊主尾根コース。


山頂手前の石塚。見晴らしが良いので多くの登山者がここで昼食中。



天空の花とはよくいったものだ。本当ににきれいだ!

12:05 ついに大崩山頂。視界悪し。(ややバテ気味?)

先ほどの分岐点に戻り坊主尾根コースを下る。

先ほど通ってきた中湧塚の岩上に人が見える。


坊主尾根コースから見る対岸の上湧塚・中湧塚。<テラス>


正面が下湧塚。立ってる足元は自然と落ち込みそのまま絶壁となる。(用心用心・・)

14:00 小積ダキに寄る。先端に立っている人のさらに先端に行く。


見晴らしは抜群!(私にとってはここが限界)
ここ小積ダキから象岩トラバースが見える。人が渡っている。かなり注意が必要だ。

私が象岩トラバースを通過する時、団体の人たちが先を譲ってくれたので、写真を撮りそこなった。
(思ったより通りやすかった)

ここは、ロープで少し降りて梯子となる。
後姿のこのおばさん「2年前ここで落ちて亡くなっているよ」と言い残して、さっさと降りてしまった。
(残った私はどうやって降りればいいのか・・?!)

坊主尾根コースは落差が急激な為、梯子・ロープも二十数箇所あり、膝・足がくがくである。

16:00 やっと祝子川に降りてきて、登る時水位を確認した所を渡る。
      上がったところに大崩山荘がある。

登山口まではもうすぐである。

16:30無事下山。やったー!(元気ないガッツポーズ・・・やはり疲れた)

それでも、念願の大崩山踏破に大満足です。

大崩山は私がこれまでに登った山の中でも、
見晴らし・スリル・体力度、どれをとっても最高の山でした。

これから、今夜の宿「民宿・夏木小屋」(宇目大字小野市)へ行き、汗を流します。


露天風呂にて
汗を流し生き返りました。


〈ログハウス風のきれいな別棟〉

ここで奥さんの心のこもったおいしい手料理をいただきました。
(本当においしかったですよ!)

ビールも最高!

階段を上がって寝室。

翌朝、夏木小屋を発つ前に記念撮影。

本当に、お世話になりました。 ありがとうございました。



| kimono-kishi | - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
Comment
2012/05/09 8:32 PM posted by: 柳井 美樹
すばららしい天気とアケボノツツジで良かったですね。またのお越しをお待ちしています。(民宿 夏木小屋 やないみき)
2012/05/09 11:31 PM posted by: kimono-kishi
コメントありがとうございました。
心のこもった温かいおもてなしに、心身ともに癒されました。
機会があれば、また寄らせていただきます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.kimono-kishi.com/trackback/107
Search
Profile
Recommend
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM