紋入り紅白女児お宮参り祝い着
2019.06.07 Friday 13:54

久しぶりに、”五ツ紋入り紅白女児お宮参り祝い着”を

お客様からのご注文で作らせて戴いたので、とても懐かしくアップいたしました。

 

表地の生地は、お客様お手持ちの白襦袢地を使っています。


赤い着物も、襦袢地を当店より準備して作っています。

 

紋入りの白い着物を上に、赤い着物を下に重ねて使います。


ご覧の様に重ねて使うわけです。

 

男児の祝い着には必ず家紋を入れますが、

女児の場合は一般的には紋は付かないので、一層厳かな感じになります。

 

完全なオーダーのため、仕立て・紋入れなどで最低2〜3週間は時間が必要です。

 

当店スタッフが真心を込めて一針一針仕上げています。

お子様の健やかなる成長を心より願っております。

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
平治岳のミヤマキリシマ
2019.06.06 Thursday 20:01

今年も、平治岳のミヤマキリシマを見に行きました。

 

平治岳は、去年6月1日に登って以来、ちょうど一年ぶりです。

(明日からの雨模様で今日しかないとの思い立ち)

 

AM6:30に男池に着くと、第一駐車場は満杯で第二駐車場も6〜7割は止めてありました。

(皆さん思いは同じ?)

 

大戸越から平治岳南峰を見上げると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開のミヤマキリシマ

昨年に続き毛虫も見当たらず最高です。

 

平治岳南峰から三俣山を眺める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左奥には、天狗ヶ城と中岳もきれいに見えます。

 

南峰より平治岳山頂を見る


どうです!圧巻のミヤマキリシマでしょう。

 

(昨年よりは少し遅いようです)


 

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
キモノに風を通しましょう!
2019.05.15 Wednesday 21:16

新緑の葉色も濃くなり、日中は暑い位となりました。

お出かけの着物も袷から単衣となりつつあります。

 

一般に、半袖の洋服姿が見られる様になると、

着物も袷から単衣に移っていくといわれています。

 

梅雨前のカラッと晴れた日にタンスにしまい込んだ着物にも

爽やかな空気に触れさせたいものです。

 

2,3枚の着物を室内で広げ、身ごろの中に新しい空気が入れば、

最初の一枚から順にたたみ込んで構いません。

 

それだけで、しっとりしていた着物がサラッとなります。

 

もし、よごれやカビを見つけたら早めのお手入れが肝心です。

当店にご相談ください。

 

着物を広げたけれども、うまく畳めない時などもご相談いただければ、

畳み方教えます。(もちろん無料です)

 


タンスの引き出しを開けて、一シートの上に着物を入れたタトウ紙を重ねてしまってください。

一年に一度はこの除湿シートを天日に干せば3〜4年は使えます。

タンスの中を着物にとって最適な湿度に保ってくれます。

 

絹の着物は生きています。時々は取り出して触れ合って下さいね!

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
”あけぼの展” ご来店待ってます!
2019.04.19 Friday 17:51

花粉症もいつしか軽くなり、新緑が目映いばかりですね。

 

あす(4月20日)からの”あけぼの展”準備、整いました。


初夏のきものコーナーです。


紗の袋帯や絽名古屋帯、麻染め帯など揃っています。

 

久留米かすり服も、期間中は取り揃えています。


 

ご来店、お待ちしていま〜す!

 

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
九重・沓掛山の”マンサクの花”
2019.04.06 Saturday 11:39

以前、雑誌に載っていた沓掛山付近の”マンサクの花”が気になり、

久しぶりに九重へ行ってみました。

 

7:45 曇り空に冷たい風が吹いている牧の戸登山口を出発。

  登山道の脇にはまだ雪が僅かに残っている。

 

 

 

沓掛山からハシゴを降りると、すぐそばに満開の”マンサクの花”が咲いていた

 



ちょうど青空が見えたので、背景にして撮ってみました。

バッチリきれいに撮れました。

 

これまで何度も通っているこのルートに”マンサク”があることは全く気が付かなかった。

(この時期には来ていなかったのかも?)

 

扇が鼻にも行ってみました。


ポールの後ろには祖母・傾き山系が見えています。

 

冷たい風が強く、軽装だったので、今回はこれにて下山。

”マンサクの花”が見られたので一応納得する。

 

(筌の口温泉の熱いお風呂が恋しい・・)


 

 

 

 

 

 

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
恒例となった”初わらび”採り
2019.03.26 Tuesday 20:41

桜の開花から3、4日後の26日、待ちかねていた”初わらび”採りにに行ってみました。

 

昨年は、3月25日に行ってやっと芽を出したわらびを採ってきたので

今年はどうかな・・?との思いで。

 

曲がりくねった山道を飛ばし現場に着くと・・・


すでに開きかけたわらびがたくさん。

しかも、すでに誰か採った形跡もある。(先を越されてしまった!)

 

20分ほど採り、いそいそと帰路に就く。

 

今回の収穫はご覧の通りバッチリでした。


 

すぐに茹でて”初わらび”を食す。


大自然の恵みに感謝しながら、今年もあと2,3回はお世話になるつもりです。

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
恒例となった”初わらび”採り
2019.03.26 Tuesday 20:41

桜の開花から3、4日後の26日、待ちかねていた”初わらび”採りにに行ってみました。

 

昨年は、3月25日に行ってやっと芽を出したわらびを採ってきたので

今年はどうかな・・?との思いで。

 

曲がりくねった山道を飛ばし現場に着くと・・・


すでに開きかけたわらびがたくさん。

しかも、すでに誰か採った形跡もある。(先を越されてしまった!)

 

20分ほど採り、いそいそと帰路に就く。

 

今回の収穫はご覧の通りバッチリでした。


 

すぐに茹でて”初わらび”を食す。


大自然の恵みに感謝しながら、今年もあと2,3回はお世話になるつもりです。

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
今年も〈竺仙受注内覧展〉へ行ってきました
2019.02.04 Monday 12:17

東京・日本橋にあるメーカー”竺仙”の内覧会が、

毎年2月に京都で催されるので今年も行ってきました。

 

江戸小紋や浴衣など、板に生地を貼って柄を染め付ける”板場染め”

を本来主流にしてこられたメーカーです。

 

江戸小紋柄は武士の裃(かみしも)柄から発展して、現在いろんな柄が出来ています。


今回は、柄を染め付ける前の型紙の製作工程について、いろいろと話を聞くことが出来ました。

 

また、浴衣の中でも製作が特に難しい”長板中形”の製作工程なども説明を受け、再度その魅力を感じた次第です。


写真は、板の上にゆかた生地をのり伏せして、さらに裏面にも同じ様にのり伏せしているところです。

これを藍甕(あいがめ)に浸けて染めて浴衣反物ができているのです。

 

4月20日頃に予定している当店の展示会にて、今回発注してきた新作の麻染め帯や浴衣をお披露目できると思います。

ご期待下さい。

 

 

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
きもの着用一か月前位には点検を!
2019.01.12 Saturday 09:14

お正月からは普段に比べ、きもの着用機会は多くなると思います。

(三社参り、初釜、新年会、結婚式、入卒など・・)

 

先日、「何年振りかに親戚の結婚式に着物で出席したいので帯締め・帯揚げを春向きの装いにしたい」

との事で訪問着と帯を持って来店されました。

 

挙式は三日後の事です。

 

たとう紙から着物と帯を取り出し帯締め・帯揚げを合わせようと広げたところ、

上前衿のところに黄変したシミがありました。

 

お客様は、「数年前の着用後にクリーニング店に出していたと思う」とのこと。

 

着物のシミは手入れをしていても、数年も風通しをしていないと、シミ・カビが出ることがあります。

衿のシミは着用した時に少し見えそうです。

(数年前の着用時に付いてクリーニングでは取れてなかったのでは・・・?)と思われます。

 

現在では、少々の黄変シミでも着用可能な位には直す事ができる様です。

但し、一か月位の日数が必要です。

 

ご来店のお客様には、小物だけは春向きの装いに合わせて着用していただき、

結婚式終了後にお手入れをすることで納得されました。

 

キモノ着用前の点検としては、1、シワ・汚れ 2、襦袢の半襟 3、足袋などの小物が揃っているか?

              4、着用目的に帯締め・帯揚げがあっているか?

 

などを考えると、やはり一か月位前には是非、点検をしてほしいものです。

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
新年明けましておめでとうございます
2019.01.01 Tuesday 10:52

明けましておめでとうございます。

 


〈星生山より三俣・平治・大船を眺める。左奥に由布岳〉

 

昨年は、9月に頸椎脊柱管狭窄症を発症。

ブロック注射等で治療をして痛みを取るのに三か月を要し、

その後風邪と下痢が長引き暮れにやっと回復しました。

 

現在も少し小指あたりのシビレが残っているが、

初めて、年齢による体力の衰えを痛感しました。

 

しかし、あとひと月で66才。これからが本当に人生を楽しむ年齢だと、

何事にも前向きにチャレンジしていきたいと思っています。

 

今年も皆様にとって幸多き年となられます様に!

| kimono-kishi | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | >>>特選呉服 きし
←back 1/30 pages next→
Search
Profile
Recommend
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM